Home      Member      Research      Publications      Lecture      Pictures      Message      Link

kikuzukiこんにちは。私は2009年3月に大学を卒業し、現在は大正製薬総合研究所の安全性研究室に勤めています。

安全性研究室では医薬品候補化合物やOTC薬(処方箋がなくても薬局やドラッグストアで購入できる薬:パブロンなど)が動物や細胞にどのような影響を与えるか、またその影響がどのような機序で発現されるかを評価する安全性試験を主な業務としています。

私は入社後、一般毒性試験を経て現在は遺伝毒性試験を主とした業務に携わっています。遺伝毒性試験とはAmes試験や小核試験といった動物、細胞、細菌を 用いて、被験物質がDNAや染色体などの遺伝情報に変化を引き起こすかどうかを評価し、ヒトに癌を誘発させない医薬品を開発することを目的としています。
分野としては毒性学に該当しますが、北里大学の獣医薬理学研究室で学んだ動物を扱う技術、また研究に対する考え方は非常に役立っています。

仕事以外の話をしますと、当社の安全性研究室は飲み会(1回/2ヶ月〜3ヶ月)や旅行(1回/年)に加えてゴルフに行ったり、若手有志でスノーボードに 行ったりと仕事以外でも部署やグループを超えたチームワークを大事にしている職場です(しかし、飲み会等への参加強制はありません)。とても雰囲気がよ く、そして恵まれた環境の中で仕事ができる職場なので、ぜひ就職活動先または入社先として検討するという選択肢も、あると思います!

最後となりますが、このメッセージを読んで下さった中に、もし当社以外であっても製薬企業の研究職を目指している方がおりましたら、OBとしてお手伝いできることがあれば微力ながら力になれればと思います。

今後、獣医薬理学研究室に入室される方、または卒業される方がご活躍されることをお祈り致します。自分も負けないように頑張ります。

拙い文章でしたがここまで読んで頂きましてありがとうございました。

kikuzuki 2
↑上の写真は6年生時のものです。

←社内の若手有志でスノーボードに行った時の写真です。